ニュース

資生堂「クレ・ド・ポー ボーテ」の新ミューズにフェリシティ・ジョーンズを起用

 資生堂のハイプレステージブランド「クレ・ド・ポー ボーテ(CLE DE PEAU BEAUTE以下、CPB)」は、新しいグローバルブランドミューズにアカデミー賞ノミネート女優のフェリシティ・ジョーンズ(Felicity Jones)を起用する。2018年1月の春夏広告キャンペーンから登場する予定だ。

 同ブランドは2011年から女優のアマンダ・サイフリッド(Amanda Seyfried)を起用していた。今回、フェリシティにバトンを渡すのは、「『CPB』の重要なミッションのひとつは、私達のブランドがお客さまにとって『かけがえのない人生の一部になっている』と感じてもらうこと。フェリシティは憧れの存在であり、『CPB』の顔として大きな共感を得られる人。妥協なき精神を持ち、知性があり、この上なく美しい、というブランドのDNA を体現している。そして仕事に対する情熱と献身によって、世界中に、まわりの人々に、絶大な影響を与えている」(鈴木ゆかり「CPB」ブランドディレクター)ことから。

 フェリシティは、最近では映画、スター・ウォーズストーリーのひとつ「ローグ・ワン」の主役を務め、注目を集めている。彼女は著名な英国人カメラマンのディビッド・シムズの撮影による「CPB」の広告で初お目見えする。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら