ビジネス

資生堂がプレステージスキンケア「リヴィーブ」を売却

 資生堂は、アメリカ地域本社が保有するプレステージスキンケアブランド「リヴィーブ(REVIVE)」を米国のテングラム キャピタル パートナーズ(TENGRAM CAPITAL PARTNERS)に売却する。同ブランドは昨年12月にアメリカ地域本社が吸収合併した化粧品会社ガーウィッチ・プロダクツ(GURWITCH PRODUCTS)が保有していた。

 資生堂は、メイクアップで「ナーズ(NARS)」「ベアミネラル(BARE MINERALS)」への集中投資や「ローラ メルシエ(LAURA MERCIER)」の買収を実施してきた。また、スキンケアでは「SHISEIDO」「クレ・ド・ポー ボーテ(CLE DE PEAU BEAUTE」、フレグランスにおいては「ドルチェ&ガッバーナ(DOLCE & GABBANA)」などを優先的に強化。こうした戦略を進める中で、「リヴィーブ」については、今回申し出のあったテングラム キャピタル パートナーズへ譲渡することが、最良の選択であるとの結論に達したことから、譲渡することを決めた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。