ビジネス

資生堂の欧州事業のCEOが退任

 資生堂の連結小会社であるEMEA(ヨーロッパ、中東、アフリカ)地域本社のルイ・デサザール(Louis Desazars)社長兼最高経営責任者(CEO)が退任した。後任は決まっておらず、エリック・アンリ(Eric Henry)最高業務責任者が暫定的に職務を代行する。

 デサザール前社長兼CEOは1996年に資生堂のラグジュアリーフレフランス事業、ボーテ プレステージ インターナショナル(BEAUTE PRESTIGE INTERNATIONAL)の副社長として資生堂に入社し、その後2008年にナーズ(NARS)のCEOを経て15年に資生堂のEMEA地域本社の社長兼CEOに就任した。ヨーロッパやアメリカにおけるフレグランス事業の立ち上げやニューヨークにおける「ナーズ」の成長、「ドルチェ&ガッバーナ(DOLCE & GABBANA)」とのライセンス契約などを率いた。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら