ニュース

丸井水戸店が2018年秋閉店

 丸井グループは9日、丸井水戸店(茨城県)を2018年秋で閉店すると発表した。同店は1970年に開業。JR水戸駅前の好立地に1万3000平方メートルの店舗を構え、ピーク時の94年度には156億円を売り上げていた。だが、近年は郊外を含めたショッピングセンターやECとの競争が激化し、2016年度の売上高は6分の1の25億円に縮小していた。今年3月には駅の反対側にイオンモール系の水戸オーパが開業したこともあり、採算の改善は難しいと判断した。
同社はすでに丸井川崎店(神奈川県)を来年1月で閉店することも発表している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら