ビジネス

ラオックスが婦人靴のオギツを買収

 免税店大手のラオックスは22日、婦人靴企画卸のオギツ(東京、荻津裕一・社長)の株式の95%を取得し、子会社化すると発表した。取得金額は非公表。オギツは「イング(ING)」「ピッティ(PITTI)」などのオリジナルブランドの他、有名ブランドのライセンスを多数有している。2016年12月期の売上高は80億円で、営業損益は8億円の赤字だった。

 ラオックスは15年に同じく婦人靴のモード・エ・ジャコモを子会社化。また16年にはやはり婦人靴のシンエイおよび新興製靴の事業を取得し、今年7月には子会社している。今回の買収によって、婦人靴での製造や販売における相乗効果と効率化を見込む。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2024-25年秋冬のトレンド総まとめ 鍵は「退屈じゃない日常着」

4月15日発売の「WWDJAPAN」は、毎シーズン恒例のトレンドブックです。パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨーク、そして東京の5都市で発表された100以上のブランドから、アイテムや素材、色、パターン、ディテール、バッグ&シューズのトレンドを分析しました。豊富なルック写真と共にお届けします。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。