ビジネス

ラオックスがシンエイの婦人靴事業を買収

 免税店大手のラオックスは、民事再生手続き中のシンエイ(東京・台東)の婦人靴企画・卸売販売事業を子会社のモード・エ・ジャコモを通じて8月31日付で取得すると発表した。取得金額は3億8000万円。2015年に子会社化したモード・エ・ジャコモと合わせて、訪日外国人に人気があるメード・イン・ジャパンの婦人靴を強化する。

 シンエイは、国内大手の婦人靴卸として自社ブランド「リズ」「マリー」やライセンスブランド「アナ スイ」「ナチュラル ビューティー」などを販売してきたが、近年は低価格ブランドの台頭などの影響を受けて低迷。16年1月期の売上高はピーク時の3分の1の101億円に落ち込み、7月28日に民事再生法の適用を申請していた。

 ラオックスは、同じく民事再生手続き中の新興製靴工業(東京・墨田)の靴製造販売事業を子会社の青葉ライフファミリーを通じて取得することも発表した。取得金額は3億9000万円。新興製靴工業はOEM(相手先ブランドの生産)を手掛け、福島県に自社工場を持っている。売上高の約4割がシンエイだったため、同社の民事再生法の適用のあおりを受けて連鎖倒産していた。

【関連記事】
婦人靴のシンエイが民事再生法の適用を申請

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら