ファッション

「パープル」誌の25周年記念号は25通り、狙うはクロエかそれとも?

 フランスのファッション誌「パープル ファッション マガジン(Purple Fashion magazine)」が創刊25周年を記念して、25通りのスペシャルカバーを発売しました。タイトルは“PURPLE”とのみイエローバックに黒で印字され、その下にファッション写真が配されています。クロエ・セヴィニー(Chloe Sevigny)、福島リラ、サスキア・デ・ブロウ(Saskia de Brauw)らをモデルにしたファッションシューティングの他、リチャード・プリンス(Richard Prince)のアート作品などが表紙を飾っています。日本の書店での発売はもうしばらく先のようですが、どの1冊を選ぶべきか、悩ましい……。

 2015年には、イギリスのファッション・カルチャー誌「i-D」が創刊35周年を記念してケイト・モス(Kate Moss)らトップモデル18人を起用したスペシャルカバーを発表しました。人気ファッションデザイナーが手掛けた表紙も製作され、筆者はラフ・シモンズ(Raf Simons)「ディオール(DIOR)」アーティステック・ディレクター(当時)のものが欲しかったのですがゲットできず、モデルのナタリー・ウェストリング(Natalie Westling)が表紙の1冊を購入しました。

 それはさておき雑誌不況が続く中、こうして数十年間継続している媒体には本当に頭が下がります。オリヴィエ・ザーム(Olivier Zahm)「パープル ファッション マガジン」編集長は「パープル」誌を“luxury magazine”と形容し、SNS時代に逆行するものと捉えているようです。それでも彼は、「雑誌はエゴではなく、印刷メディアの価値を信じ、同じビジョンを共有するクリエイターたちの仕事だ」と言い切っています。上述2誌のスペシャルカバー企画のように紙媒体にしかできないやり方で読者をワクワクさせることが継続の秘訣なのかもしれません。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有力企業17社の新卒採用責任者が登場 ファッション&ビューティ業界の「イマドキ採用」特集

「WWDJAPAN」2月19日号は、ファッション&ビューティ企業の「新卒採用」特集です。コロナ禍を経て、新卒の採用活動は大きく変わりつつあります。コロナ禍の収束に伴う求人倍率の上昇、慢性的な人手不足、就活の長期化などによって、かつてのような「大量にエントリーを集め、面接でふるい落としていく」というやり方は、すでに過去のものになっています。現在のキーワードは「相互理解」「ホンネ」「共感」。福利厚生の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。