ファッション

ウクライナ若手ブランドがオフランウエイを彩る 2018年春夏キエフ・ファッション・デイズ

 ウクライナで開催されたキエフ・ファッション・デイズ(Kiev Fashion Days)の会場周辺では、プリントや明るいトーンのカラーアイテムなどのスタイリングが多かった。ストリート感が漂うカジュアルスタイルの多いメンズに対し、ウィメンズは肩落ちトップスやスリットの入ったスカートなど、フェミニンなスタイリングが主流。高い身長を生かしてか、ロングドレスやロングアウターなど、丈が長めのアイテムが人気だった。ブランドはウクライナの若手デザイナー「アナK(ANNA K)」「ウィアナビー(WE ANNA BE)」「カテリーナ・クビット(KATERINA KVIT)」が人気だ。

現地のエディター、デザイナーの他にファッションデザイナー志望の学生も多く、「自分で作った服を着ている」という女性も。メイクは薄めでナチュラル派のようだが、個性的なヘアスタイルを楽しんでいる人が多かった。

ELIE INOUE:パリ在住ジャーナリスト。大学卒業後、ニューヨークに渡りファッションジャーナリスト、コーディネーターとして経験を積む。2016年からパリに拠点を移し、各都市のコレクション取材やデザイナーのインタビュー、ファッションやライフスタイルの取材、執筆を手掛ける

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら