ファッション

「フライターグ」が利便性に優れたバックパックを発売 無料レンタルサービスも

 スイスのバッグブランド「フライターグ(FREITAG)」がバックパック“F511 SKIPPER”を7月27日にフライターグストア銀座店と渋谷店で、8月31日に他の取り扱い店舗で発売する。

 背負うことも手に持つこともできる旅行などで使い勝手の良いモデルを用意。ラップトップなど多くの必需品が入る広々としたコンパートメントに加え、手に持つためのグリップがバッグの上と横に付いており、持ち運びに便利なモデルになっている。さらに、防水性の2WAYジップやアルミニウム製Gフックファスナーも付いている。価格は3万9800円。

 また、すでに発売している“F512 VOYAGER”を無料で貸りることができるサービスをフライターグストア銀座店と渋谷店、大阪の商業施設「なんばパークス」で9月30日まで実施中。旅行先でバックパックの写真を「#gonewithfreitag」「#frtg」のタグをつけてインスタグラムに投稿することが条件で2週間レンタル可能。発売後は“F511 SKIPPER”も対象になる。詳細は公式サイトで確認できる。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら