ビジネス

ユニクロ5月度は、“感動パンツ”と“ワイヤレスブラ”などが好調で既存店プラスに

 ユニクロ(UNIQLO)の5月の国内売上高は、既存店が前年同月比2.4%増と2カ月連続のプラスとなった。エブリデー・ロープライス戦略もあってか、客単価は同4.7%減となったが、客数は同7.5%増と伸びている。「ゴールデンウイークや母の日などの催事に合わせた商売がうまくいったことから、感動パンツ、ワイヤレスブラなどの話題性のある商品の販売が好調で増収となった」と同社。

 ちなみに、感動パンツとは、従来ドライストレッチパンツとして展開していたもの。アンバサダーのプロゴルフ選手、アダム・スコット(Adam Scott)と東レと共に共同開発した“超軽量”“超伸縮”“超速乾”の高機能トラウザー。ビジネスやスポーツなど幅広いシーンで使用できるといい、リピーターが急増中だ。ワイヤレスブラは佐々木希を起用したテレビCMなどでも話題になったこともあり、全販売商品を通じて販売数量トップの日が続いたようだ。

 なお、直営店の売上高はダイレクト販売を除くと同1.3%増、ダイレクト販売を含む売上高で同2.2%増だった。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら