ニュース

アディダス“Z.N.E”から「水」に着目したウエアが新登場

 アディダス ジャパンは、「アディダス アスレチックス(ADIDAS ATHLETICS)」から水に着目して作ったウエア“Z.N.E. ZERO-DYE”を4月19日に発売した。

 “Z.N.E. ZERO-DYE”は、アスリートが外部からのノイズを遮断するために作られた大きめフードにダブルレイヤード構造といった“Z.N.E. HOODIE”ならではの特徴をそのままに、アスリートにとって欠かせない「水」を大切にするという環境への配慮から、水を節約する無染色テクノロジーを採用。生地に対して染色を行わず、素材本来の風合いを生かした作りになっている。

 今回は新たなスタイリングの提案として、ショートスリーブとショートパンツを展開する。価格はメンズのショートスリーブフーディが1万1000円、ショーツが7990円、レディスのショートスリーブフーディが9990円、ショーツが6990円。アディダス直営店、アディダスオンライショップ、一部のアディダス取扱店などで販売する。

 「アディダス アスレチックス」は、アスリートにとって大切なプレー前の集中するシーンやプレーの集中から解放されたシーン、アスリートのスポーツに対する姿勢や思いに焦点を当てて商品開発を行うカテゴリーで、2016年春夏にスタートした。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら