ファッション

LVMHプライズ、デザイナー1人がビザ問題で出席できず

 先日セミファイナリストを選出したLVMH ヤング ファッション デザイナープライズ(LVMHプライズ)のパリのイベントに、1人のデザイナーがビザの関係で出席できなかった。ファッション業界を長らく支えてきた、国境をまたいだ人材の行き来に、政治的な力が影を落としている。

 LVMHグループ本社で開催された21組のセミファイナリストによるプレゼンテーションには、米国、日本、韓国、ニュージーランド、英国、ドイツ、台湾、デンマークといった国々からデザイナーが集まった。だがニューヨークを拠点とする「ジャンコイ(JAHN KOY)」のデザイナーでロシア人のマリア・カザコヴァはビザの関係で出席できず、スカイプでの参加となった。「ビザの切り替えを申請中で間に合わなかったの。パリから再申請するとすごく時間がかかって戻れなくなっちゃうから、今回は行かない方がいいと言われたの」とマリア。同じくニューヨークを拠点とする「コウザブロウ」の赤坂公三郎もイベントに間に合うよう申請するのが大変だったという。だが、赤坂は「みんなの気持ちが少しずつ変わり始めているのでは」と言い、政権交代が理由ではないと思うと話した。

 LVMHプライズの審査員で「ケンゾー(KENZO)」の共同クリエイティブ・ディレクターのキャロル・リム(Carol Lim)は、トランプ政権が輸入品の関税を上げることになれば、デザイナーにも影響を及ぼすだろうと話す。「今米国で起こっていることが変化のきっかけだとすれば、今後はみんなが内向的になって国境を超えた交流も減っていくかもしれない」と話す。「『オープニング セレモニー』での経験を考えてもそう思う。米国で生産しているものも多かったしそれを誇りに思っていたけれど、海外生産も多かったから。海外の工場にもしょっちゅう足を運んでいたから、それができなくなったら影響は大きいわ。怖いわけではないけれど、人々の働き方に大きな影響を与えるでしょう」。

【関連記事】
■「サルバム」「アンブッシュ」が17年LVMH賞セミファイナリストに
■第4回LVMHプライズの募集開始 締め切りは2月5日
■2016年LVMHプライズのグランプリは25歳のグレース・ウェールズ・ボナーが受賞 特別賞は19歳のデザイナー

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。