ファッション

「エース」からディズニー映画をイメージしたスーツケースが登場

 バッグ&ラゲージメーカーのエースは、自社ブランドの「エース(ACE.)」から新たに“1940 レーベル”をデビューさせる。これまで「すべての移動を旅と捉えその移動を快適にする最適なカタチを提供する」をコンセプトに、カジュアルバッグやラゲージをそろえる“トーキョー レーベル”とビジネスシーンを想定した“ジーン レーベル”で構成していたが、新ラインではコラボアイテムや特別企画商品などを提案していく。

 その第1弾として、ディズニー映画「ファンタジア(FANTASIA)」の世界観を表現したスーツケースを2月21日に発売する。ポリカーボネート・ABS混合樹脂を用いた本体の外側には魔法使いのミッキーマウスが星空を操る姿を描き、内装にはミッキーマウスと水汲みを手伝うホウキのプリントのライニングを採用。さらに、ファスナートップもホウキ型になっている。ラインアップは32リットル(2万3000円)と60リットル(2万7000円)の2サイズ。それぞれネイビーとホワイトを用意する。同作の公開年が1940年であることにちなみ、国内では合計1940個限定で販売する。

【関連記事】
■働く女性の悩みを解決 エースがビジネスバッグの新提案
■「美女と野獣」モチーフの大人ブライダルリングが登場
■「コーチ」がディズニーとのコラボを記念した朝食パーティーを開催

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら