ファッション

「サカイ」がバッグコレクションのローンチパーティーを開催

 「サカイ(SACAI)」は1月27日、ブランド初のバッグ・コレクション「“THAT” bag」の発売を記念したローンチパーティーを東京・南青山の旗艦店で開催した。会場では「“THAT” bag」のアイシングクッキーやカラフルなポップコーンのケータリング、オリジナルのガチャガチャを用意。同コレクションのバッグやクマのキーホルダーが当たるとあって、多くの来場者がガチャガチャを楽しんだ。

 「“THAT” bag」は、阿部千登勢「サカイ(SACAI)」デザイナーがバッグ作りに精通するケイティー・ヒリヤー(Katie Hillier)を起用し、2017年春夏にローンチ。ファースト・コレクションとなる今季は、全6型をそろえる。中心価格帯は10万~20万円。現在、東京・南青山の旗艦店とドーバー ストリート マーケット ギンザで販売している。

 ヒリヤーは2013年から「マーク BY マーク ジェイコブス(MARC BY MARC JACOBS)」でウィメンズクリエイティブ・ディレクターを務め、同ブランドが「マーク ジェイコブス(MARC JACOBS)」に統合された15-16年秋冬コレクションをもってデザイン・ディレクターのルエラ・バートリー(Luella Bartley)と共に退任。それと同時に新ブランド「ヒリヤー バートリー(HILLIER BARTLEY)」を立ち上げた。阿部デザイナーとは、もともと知り合いで、以前から「何か一緒にしたい」と話していたことから実現した。

【関連記事】
■「サカイ」阿部千登勢が初のバッグ・コレクションに込めた思い

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら