ファッション

ゴールドウインが石垣島に出店 海のそばのリゾートショップ

 ゴールドウインは、沖縄・石垣島の海の近くに位置するショッピングセンター「730 COURT」内に「ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)」「ヘリ―ハンセン(HELLY HANSEN)」「エーライト(ALITE)」など、同社が取り扱うブランドを扱う新店「ザ・ノース・フェイス/ヘリ―ハンセン 石垣店」を3月1日にオープンする。店舗面積は約155平方メートルで、島のアクティビティーにも活躍するウエアやグッズの他、ショップの経度緯度を刺しゅうしたオリジナルのキャップなどがそろう。また季節に合わせたワークショップを行う他、地元ガイドクラブとのオリジナルツアーや、地元産業とのオリジナルアイテムの開発・販売を通じて地域に根差したショップを目指す。

 ゴールドウインは自主管理型ビジネスを強化しており、2013年から北海道・ニセコや長野・白馬などマウンテンエリアにフィールド型のショップを出店している。今回の新店は海と山に囲まれた西表石垣国立公園をフィールドにした、マリン型リゾートショップとなる。

【関連記事】
■「ザ・ノース・フェイス」防寒着が絶好調 ゴールドウインが業績予想を上方修正
■ゴールドウインが「ヘリーハンセン」の国内商標権を取得
■「エレッセ」新ラインはロゴとイメージで知名度拡大を狙う

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら