ビジネス

ディオールの2016年売上高は2300億円

 クリスチャン ディオール クチュール(CHRISTIAN DIOR COUTURE)の2016年12月期決算は前期比3.4%増の19億3600万ユーロ(約2342億円)、営業利益が同5.0%増の2億5200億ユーロ(304億円)だった。

 「ディオール(DIOR)」は16年7月、ラフ・シモンズ(Raf Simons)前アーティスティック・ディレクターの後任としてマリア・グラツィア・キウリ(Maria Grazia Chiuri)前「ヴァレンティノ(VALENTINO)」クリエイティブ・ディレクターを起用し、17年1月27日にパリ・ロタン美術館で彼女による初のオートクチュールショーを発表した。

【関連記事】
■エルメス、2016年売上高は日本が20%増
■スウォッチグループ、2016年度の純利益は半減
■LVMH2016年度は売上高・営業利益ともに過去最高 上場来高値更新

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら