ファッション

「シアタープロダクツ」がNYコレに初参加

 「シアタープロダクツ(THEATRE PRODUCTS)」は2月10日、ニューヨーク・ファッション・ウィークに初参加する。プレ・フォールに相当する2017年夏秋の商品をプレゼンテーション形式で発表する予定だ。

 日本ファッション・ウィーク推進機構(JFWO)の海外市場開拓事業の一環として、愛知県のテキスタイルメーカーの中伝毛織とのコラボレーションした素材を使用する他、ブランドのアイコニックな化粧品モチーフのアクセサリーなどを披露する。プレゼンテーションでは、資生堂がメイクを担当。2月11~28日にはニューヨーク内で展示会を開く。

 ブランドは「これまで日本国内で展示会やファッションショーを行ってきたが、ニューヨーク・コレクションへの参加で海外で可能性を探りたい。17年夏秋として、中伝毛織とのオリジナル生地を使いながら通年で着られるコレクションを見せる」と話す。

 「シアタープロダクツ」は01年にスタート。「洋服があれば世界は劇場になる」をコンセプトに武内昭と森田美和がデザインを手掛ける。現在、東京・表参道の路面店の他、伊勢丹新宿本店や阪急うめだ本店、ルクア イーレなどに店舗を構える。

【関連記事】
■義足はファッションになりえるか 「シアタープロダクツ」が義足のアスリートとショー

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら