フォーカス

2017年春夏、注目の東京デザイナーズブランドは?

 2017年春夏シーズン、コレクションを発表した東京ブランドについてバイヤーから意見を求めた。回答したのは三越伊勢丹やユナイテッドアローズ、ビームス、TOKYOBASEのバイヤーたち。買い付けの有無を問わず、“良い”と思ったブランドを挙げてもらった。今季は「サルバム(SULVAM)」「エリン(ELIN)」「ダブレット(DOUBLET)」の注目度が高い。

【三越伊勢丹】ウィメンズ

アキコアオキ(AKIKOAOKI)」は今季でグンと力を伸ばした印象

 ショーを行ったブランドでは、「シアタープロダクツ」は突き抜けていて、一挙手一投足に目が離せない。「ユイマナカザト」にはオートクチュールでの表現を日常にまで浸透させた斬新なファッションを期待する。「シナ スイエン」は繊細で儚げで“女性と女の子”の狭間の複雑な心うまく作り出せている。「ケイタマルヤマ」は、デザイナーの想いの詰まったインスタレーションで、ラブリーでファンタジック、魅惑的だった。「ヨシキモノ」はハードル高く感じる“和装・着物”を祐真朋樹の全体監修とスタイリングで、ファッションとして提案できていた。「アキコアオキ」は今季でグンと力を伸ばした印象。テキスタイルやシルエットのバリエーション、スタイリング提案、アイテム数、色展開が広がった。「プラスチックトーキョー」は単なるギミックではない必然性のあるデザインとパターン、オリジナル生地のセットアップを提案し、ストリートカルチャーブランドから大人も着られる印象になった。「ミントデザインズ」はパンクでグルーブ感があり、“らしさ”が表現できていた。

 展示会ベースでは、「ベルパー」が年々よくなっていて、いますぐにセレクト展開できる内容だった。今季スタートの「オーケー」は、「ハトラ」と「ヌケメ」のチームによるブランド。つかみどころのない感じで、どこに進むのか不明な雰囲気だが、今後に期待。ここ数シーズン見てきた「イン」と「ヨウヘイオオノ」は、リ・スタイルでの取り扱いが決まった。これからも注目していきたい。

 その他、今後取り組みたいブランドは「バルムング」「ハトラ」「スポークンワーズプロジェクト」「ノーカ」「スローアキス」「リョウタムラカミ」「ティートトウキョウ」「スポロガム」「コトナ」「ケイスケヨシダ」「イェーライト」「スニュー」「ストフ」「アシードンクラウド」など。TOKYO解放区から新たな若き才能の発掘や、ファッションカルチャーの発信と提案を行う。

(寺澤真理/婦人・子供統括部 婦人第一商品部グローバルY-A5 TOKYO解放区バイヤー)