ビジネス

「フェラガモ パルファン」がアジアに注力

 サルヴァトーレ フェラガモは、2016年度の日本での香水カテゴリーの業績が前年度比2ケタ増となると予想した。同ブランドはパートナーである川辺と共にマーケティングを強化。香水カテゴリーの売り上げは、アメリカ、中国、イタリアに次ぎ、日本が4位につけており、日本での高い認知を誇るブランド力、デジタルや店頭でのプロモーションへの投資などが好調の要因となった。

 来日したルチアーノ・ベルティネッリ社長は、16年の商況を振り返り、「非常に素晴らしい結果に満足している。これは市場の成長を上回る伸び率であり、香水が日本で成功している証しだ」と述べた。17年ではさらに、日本をはじめとするアジアにフォーカスを当てる。「16年はアメリカ、ヨーロッパを意識したマーケティング戦略により、グルマン調の甘い香りのメンズフレグランス『ウォモ オーデトワレ』や『シニョリーナ イン ロッソ オーデパルファム』を発売した。17年は日本にフォーカスする正しいタイミングであると思っており、3月には『シニョリーナ』から『イン フィオーレ オーデトワレ』を発売し、洋梨や桜、ジャスミンといったフローラルでフルーティな香りを打ち出す。前作に比べてより日本人が好む香りとなっている」と述べ、発売時期には16年10月にリニューアルした銀座店でイベントを予定するなど、新製品の世界観を発信する。加えて、「ウォモ オーデトワレ」からは、よりフレッシュでカジュアルな香りが登場する。「日本に25年前から訪れているが、現代の若い世代はアバンギャルドになっており、香水に対しても積極的。新しい香りを彼らにも楽しんでほしい」とコメント。ブランドの認知度を武器に、日本での存在感を発揮していく考えだ。

■サルヴァトーレ フェラガモ「シニョリーナ イン フィオーレ オーデトワレ」
価格:(30mL)7300円、(50mL)1万円、(100mL)1万3900円
発売日:2017年3月1日

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら