ビジネス

米アパレル企業のケルウッドを香港の投資企業が買収

 アメリカのアパレルメーカー、ケルウッド(KELLWOOD)を香港の投資会社がサン キャピタル パートナーズ(SUN CAPITAL PARTNERS)から買収した。買収額は明らかになっていない。これに伴い、2013年にケルウッドを去ったデヴィッド・ファルウェル(David Falwell)が最高経営責任者としてカムバックする。

 ケルウッドは「レベッカ テイラー(REBECCA TAYLOR)」「パーカー(PARKER)」「マイ ミシェル(MY MICHELLE)」「ジョルト(JOLT)」「リワインド(REWIND)」「デモクラシー(DEMOCRACY)」など、ウィメンズとガールズブランドを手掛けている。今回の買収に「レベッカ テイラー」と「パーカー」は含まれず、引き続きサン キャピタル パートナーズの子会社として残る。サン キャピタル パートナーズは08年にケルウッドを7億6200万ドル(約891億円)で買収。当時は「ヴィンス(VINCE)」なども傘下だったが、13年の上場のタイミングで独立した。ケルウッドは1961年にメーカー15社が合併し設立。ピーク時は売上高10億ドル(約1170億円)を超えていた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら