ビジネス

米アパレル企業のケルウッドを香港の投資企業が買収

 アメリカのアパレルメーカー、ケルウッド(KELLWOOD)を香港の投資会社がサン キャピタル パートナーズ(SUN CAPITAL PARTNERS)から買収した。買収額は明らかになっていない。これに伴い、2013年にケルウッドを去ったデヴィッド・ファルウェル(David Falwell)が最高経営責任者としてカムバックする。

 ケルウッドは「レベッカ テイラー(REBECCA TAYLOR)」「パーカー(PARKER)」「マイ ミシェル(MY MICHELLE)」「ジョルト(JOLT)」「リワインド(REWIND)」「デモクラシー(DEMOCRACY)」など、ウィメンズとガールズブランドを手掛けている。今回の買収に「レベッカ テイラー」と「パーカー」は含まれず、引き続きサン キャピタル パートナーズの子会社として残る。サン キャピタル パートナーズは08年にケルウッドを7億6200万ドル(約891億円)で買収。当時は「ヴィンス(VINCE)」なども傘下だったが、13年の上場のタイミングで独立した。ケルウッドは1961年にメーカー15社が合併し設立。ピーク時は売上高10億ドル(約1170億円)を超えていた。

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら