ファッション

LVMHが幻のロシアンレザーを復活

 LVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON以下、LVMH)は長年生産が中止されていた幻のロシアンレザーを復活させる。ロシアンレザーは16〜19世紀、西欧の貴族や王族、ロマノフ王朝の軍隊のレザーグッズに使用された高級な皮革だったが、十月革命後の1922年、ロシア政府が全ての生産を中止した。LVMHは“ボロジノ キュイール ドゥ ルシー(Borodino Cuir de Russie)”という名の下復活させる。

 ロシアンレザーのコレクション第1弾は、傘下の「モワナ(MOYNAT)」が2017年1月に発売するバッグだ。ロシアンレザーの復興は、ラメッシュ・ナイール(Ramesh Nair)「モワナ」クリエイディブ・ディレクターと、ジャン・バティスト・ヴォアザン(Jean-Baptiste Voisin)=LVMHディレクター・オブ・ストラテジー兼LVMHメティエダール・プレジデントの話し合いから派生したという。ヴォアザンは「ロシアンレザーは非常に柔らかく、湿度と水にも強い。ロシア人が長年大事にしていた“秘密”のレザーとして、神秘的でもあった」と語る。復活に携わったチームはまず、材料や生産方法などの情報を「ルイ・ヴィトン」 のアーカイブからアメリカ議会図書館まで、あらゆる場所から集めた。サンプルや生産方法を入手してから、LVMH傘下のなめし工場「レ・タヌリー・ルー(LES TANNERIES ROUX)」が6カ月をかけ開発した。レザー独特の匂いを和らげるべく、LVMH専属の調香師が匂いの開発を手掛けた。ヴォアジンは「“ボロジノ キュイール ドゥ ルシー”は世界初の香りを保持できるレザー。幾つかのメゾンはすでにこのレザーの使用を検討している」と主張。
 
 LVMHはサプライヤーと提携し、新しい開発やクリエイティビティーを生み出すプロジェクト「LVMHメティエダール(LVMH METIER D'ARTS)」を15年1月にローンチした。職人やアーティストの住宅を手掛けたり、工場とメゾンとの会話を促進することで連携を強化ている。また、同社が傘下に持つ複数のメゾンの生産技術を共有している。ロシアンレザーも、グループが手掛けるレザーのコレクションに加わる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。