ニュース

「エトセトラ ジャーナル スタンダード」関西初店舗が梅田に “二度づけOK”な串カツバーガーが登場

 ベイクルーズは12月16日、「ジャーナル スタンダード(以下、JS)」の衣食住複合業態「エトセトラ ジャーナル スタンダード」の関西1号店を大阪のイーマ梅田店に出店する。現在営業中の「JSファニチャー」梅田店をリニューアルし、同業態の家具や「JS レリューム」のアパレル、関西初進出のハンバーガーショップ「J.S.バーガーズカフェ」を併設。マーケットをイメージし、各業態のポップアップストアの集合体で構成する。店舗面積は350㎡。飲食を楽しみながらショッピングを楽しめる空間になる。昨年11月の吉祥寺店オープンに続く2店舗目。

 オープンを記念し限定商品を多数ラインアップ。家具では、ニューヨーク発アーティストのジョン・コンティノとのコラボ企画の第二弾。前回即完売した、同氏がオリジナルで描き下ろしたアートワークをのせたデニムソファを販売する。コラボレーション企画はこの他にも、大阪の人気ビンテージ家具店「インク」の家具や、エプロンブランド「ドレスセン」のエプロンなど豊富にそろえる。

 「J.S.バーガーズカフェ」は、関西エリア1号店を記念した限定メニュー“串カツ風バーガー”を販売。ビーフとジャックチーズ、オニオンをサンドした米西海岸発祥の“フレンチディップサンドイッチ”をモチーフにしたバーガーを、関西名物の串カツにちなんで大阪の「イカリソース」にディップして食べるというもの。16日から19日の4日間は、先着30人にオリジナルマルシェバッグをプレゼントする。