ファッション

ジェイアール京都伊勢丹が音楽フェスに協賛 矢野顕子とのコラボグッズ販売

 ジェイアール京都伊勢丹は、12月3日から2日にわたり京都で初開催される音楽フェス「KYOTO NIPPON FESTIVAL」に協賛し、オリジナルグッズの販売とトークショーを行う。11月30日から12月6日まで、同館2階にサテライト会場を設置し、連日イベントを開催。2人組ヴォーカルユニットのサンドクロックや、華道家元池坊の柿沢正一らがトークショーに出演する。また、フェス公式グッズや出演者のCD、「矢野顕子 × 伊勢丹」のコラボアイテム“YANOTAN”を販売。矢野の歌手活動40周年のベストアルバム「矢野山脈」発売を記念して、曲名にちなんだアイテムや、ライフスタイルでかかせない猫や宇宙、香り、ワインをモチーフにしたリジナルアイテムを限定販売する。

 「KYOTO NIPPON FESTIVAL」は、日本の音楽と食やアートといった伝統文化を融合させ世界へ発信することを目的に今年スタート。会場は北野天満宮と、隣接する花街の上七軒歌舞練場。出演アーティストは大橋トリオやbird、安藤裕子、DJみそしるとMCごはんなど。池坊いけばな体験教室や、香老舗 松栄堂による香木の鑑賞会、立命館大学による漢字ワークショップといった文化系イベント、京都吉兆やイル・ギオットーネ、京菓子司 末富、一保堂茶舗といった老舗や人気店が限定メニューを販売する飲食物販もラインアップする。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら