ファッション

「オリバーピープルズ」がストックホルム発フレグランス「バレード」と異色コラボ 限定セットを発売

 ロサンゼルス発のアイウエアブランド「オリバーピープルズ(OLIVER PEOPLES)」は5月1日、ストックホルムのフレグランスブランド「バレード(BYREDO)」とコラボレーションし、サングラスとフレグランスを限定発売する。なお、コラボレーションを記念し、伊勢丹新宿店本館3階=イーストパーク/リ・スタイルギフトでは5月1〜10日まで、ポップアップストアをオープンする。

 今回のコラボレーションはブランディングやデザインのアプローチにおいて、双方のブランドが、同じような考え方を持つと感じていたことから実現。"共感覚"という概念をインスピレーション源に、ロサンゼルスの街から受ける視覚と嗅覚の印象を融合するというユニークなコンセプトを生み出した。

 「オリバーピープルズ」は香りから受けた印象から、レンズカラーとフレームをデザイン。アセテート製のサングラスはセミマットブラック、ベージュクリスタルの2色展開。レンズはインディゴブルー、シャンパン、グリーンの3色、6バリエーションを用意する。一方の「バレード」は調香師がさまざまな色のレンズを通して見た、ロサンゼルスの街の印象を香りで表現。トップノートにジュニパーベリーやカリフォルニアレモン、ミドルはオリスバターやパチュリ、ラストはムスクやワームサンドアコード、ヘリクリサムなどで構成。ボトルカラーにはレンズカラーと同じ3色を採用した。

 価格はサングラス(フレーム)が4万5000円、フレグランス(50mL)が1万9000円、サングラスとフレグランスの限定ボックスセット(ポーチとケース付き)が5万5000円。「オリバーピープルズ」および「バレード」取扱い店舗、公式オンラインストアで販売する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら