ファッション

【インタビュー後編】アクセサリートレンドの台風の目シャーロット・オリンピアが語る

 英国発のシューズ&アクセサリーブランド「シャーロット オリンピア(CHARLOTTE OLYMPIA)」が好調だ。ウィットに富んだデザインと、メード・イン・イタリーのクオリティが魅力で、セレクトショップを中心に販路が広がっている。その理由は、ウエアラブルなベーシックウエアが売れ筋の核になる中で、「売り場の雰囲気がぐっとモードになるから」(有力セレクトショップバイヤー)。感度の高い人を中心に人気を集め、店頭でも動き始めている。先日、松屋銀座で開催したイベントのために初来日したシャーロット・オリンピアに話を聞いた。

シグニチャーの蜘蛛の巣は児童書「シャーロットのおくりもの」から

 シグニチャーであるゴールドの蜘蛛の巣は、英国や米国で広く知られる児童書「シャーロット・ウェブ(邦題:シャーロットのおくりもの)」から。納屋に住む子豚のウィルパーと蜘蛛のシャーロットの友情を描いた物語だ。無邪気に牧場で暮らしていた子豚のウィルパーが、いずれ肉にされる運命だと気付く。そんなウィルパーを蜘蛛のシャーロットが救うという話だ。「幼い頃からずっと好きだった物話で、自分のブランドを持つ時にロゴにしたいと思っていたの。名前も一緒だから(笑)。ユニバーサルに知られていて、ティピカルでトラディショナル、そしてお話が美しいでしょ?」。ちょっとシニカルでファンタジー溢れる世界観は、シャーロットのクリエイションと重なる。もっともよく知られているネコモチーフのシューズ"キティ"やハート型のプラットフォーム、クラッチバッグ"パンドラ"などの定番アイテムに加え、毎シーズン提案される、思わず笑えるキッチュでポップなアクセサリーたち。また、ロンドンやニューヨーク、ビバリーヒルズなどにある旗艦店を見てもシャーロットワールドが広がっている。各店には人形アーティストのアマンダ・フェッサレイジとコラボして作られた人形と、陶器のヒョウ"ブルース"がいて、人形には名前もある。「ロンドン店の人形はルックブックの撮影に登場してくれるモデル"コーシャ"の名前をもらったの。LAは"ビバリー"、香港はお茶の"ジャスミン"。日本に連れてきたこの子は、まだ名前がないの。何がいいと思う?(笑)」。 

 彼女のクリエイションは、英国的ユーモアに溢れていると同時に、クラシカルで洗練された雰囲気を持ち合わせている。それは、細部にまで宿るメード・イン・イタリーによる確かなクオリティによるところも大きい。大人が持てるキッチュ&ラグジュアリーなアクセサリーとして人気を博し、日本では、伊勢丹新宿店、松屋銀座の直営店、ロンハーマンやビオトープ、アクアガールなどのセレクトショップ11店舗で取り扱い、取引額も増えている。そしてそのクリエイションをさまざまなブランドが追いかけ、シャーロットはトレンドセッターのひとりになった。「楽しいものが増えるのはとってもいいことよね。トレンドと意識したことはないけれど......。私が好きなもの、1940〜50年代のオールドハリウッドの世界観は変わらないの。例えばプードルバッグといった"プレイフル(遊び心のある)"なアティチュードやピンナップガールなどね。それをモダンに表現するようにしているわ。それが根底にあり、毎回テーマを設けて、ミューズをたてる。そして、その時々の気分を乗せているの。2014-15年プレフォールの"アイスパイ"のミューズはリタ・ヘイワースで、14-15年秋冬の"シャンハイ・エクスプレス"はアナ・メイ・ウォンといった具合。共通項は"プレイフル"であると同時にエレガントでグラマラスであること"。レトロ"ではなく"ノスタルジー"が感じられること。それはブランドを始めた頃から変わらないわ」。

インタビュー前編

【プロフィール】
■シャーロット・オリンピア(Charlotte Olympia)
ロンドンで不動産会社を経営するギイ・デラルとブラジル出身のモデル、アンドレア・デラルの娘として生まれる。コードウェイナーズ・カレッジでシューズデザインを学び、2007年に「シャーロット オリンピア」をスタート。10年、米靴専門誌「フットウエア ニュース」主催のヴィヴィアン・エンファンティーノ新人タレント賞を受賞。同年、ロンドン・メイフェアに旗艦店をオープン。13年ブルーベル・ジャパンをディストリビューターに、日本本格上陸。

【関連記事】
「シャーロット オリンピア」が松屋銀座でイベント開催 デザイナーが初来日

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら