ファッション

「シャーロット オリンピア」×「グローブ・トロッター」が発売 シャーロットも来店

 英アクセサリーブランド「シャーロット オリンピア(CHARLOTTE OLYMPIA)」は4月5日、英ラゲージブランド「グローブ・トロッター(GLOBE TROTTER)」とのコラボコレクションを松屋銀座店で発売した。発売日夕方にはクリエイティブ・ディレクターのシャーロット・オリンピア・デラル(Charlotte Olympia Dellal)が来店。ファンとの交流を楽しんだ。

 コラボコレクションのラインアップは、トローリーケース型のシューケース(49万円)、内側にミラーパネルを備えたバニティーケース(13万9000円)、20インチのトローリーケース(25万9000円)の3型。外装に同ブランドのアイコンである“スパイダーウェブ”とシャーロットが愛するレオパード柄のコンビネーションプリント、内装に“ウェブジャカード”のファブリックを用いたデザインが特徴だ。シューケースは8つの収納部に分かれており、フラットシューズからブーツやプラットホームシューズまで収めることができる。収納用巾着とシューツリーも付属する。また、同コレクションの発売に合わせ、世界のさまざまな場所から着想を得てデザインしたシューズコレクション“ウィッシュ ユー ワー ヒア”もローンチした。日本では3種を取り扱う。価格は各7万9000円で、34〜39サイズを用意する。

 コラボの経緯について、シャーロットは「ずっと同じような感性や感覚を持ったブランドとコラボレーションしたかった。だから、夢が一つ叶ったような気分ね」とコメント。「100年以上歴史がある『グローブ・トロッター』は、まだ旅が“グラマラスな探検”だった頃からラゲージを作り続けているオーセンティックなブランド。もともと私自身、『シャーロット オリンピア』のトラベルステッカーを貼ってパーソナライズした『グローブ・トロッター』のトランクを愛用していていたし、完璧なマッチングだと思う。それに、ずっとシューズ用のトランクを作りたいと思っていたの。どうするのがベストかを知っている相手と作るのが一番よね。実は『グローブ・トロッター』のアーカイブの中には、シューズケースもあったのよ」と明かした。2週間前はブラジル、先週はドバイ、2週間後には北米と世界を飛び回るシャーロットにとって旅の醍醐味は、まだ知らないことを発見することだという。「幼い頃から世界のいろんな場所で育ってきた私にとって、旅は自分のDNAでもあるの。たとえ出張であっても、旅を通して新しいものと出合うことを楽しんでいるわ」。

 なお、コラボコレクションは「グローブ・トロッター」直営5店では4月26日から販売を開始。店舗限定の30インチのエクストラディープスーツケース(37万1000円)も用意する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら