ファッション

国内初「シャーロット オリンピア」がバッグのみの限定店をオープン

 「シャーロット オリンピア(CHARLOTTE OLYMPIA)」は2月18日から3月3日まで、伊勢丹新宿店本館1階にバッグのみを置く国内初の限定店をオープンする。アイコンモチーフである猫の"キティ"をフィーチャーしたレザーグッズライン「フィーライン コレクション(Feline Collection)」の発売を記念した期間限定店で、同コレクションに加え、2015年プレ・スプリング・コレクションの新作バッグやクラッチバッグなどを多数そろえる。

?「フィーライン コレクション」は、ナッパレザーに"キティ"の顔をエンボス加工したデザインがトレードマークで、レッドやオレンジ、グリーンなど豊富なカラーパレットでそろえる。ショルダーパース(9万8000円)、iPhone6ケース(4万5000円)、カードホルダー(2万5000円)、コインケース(5万4000円)、キーケース(4万4000円)などのアイテムを用意。2015年プレ・スプリング・コレクションからは、丸みを帯びた"キティ"の顔型が愛らしい"プッシーキャット・パース"(8万8000円)や、ドクロをデザインしたメキシカン調の"デッド・ナイス・ポーチ"などを販売する。

■「シャーロット オリンピア」バッグPOP UP STORE
日時:2015年2月18日(水)〜3月3日(火)
場所:伊勢丹新宿店本館1階 ハンドバッグ 売り場
問い合わせ先:ブルーベル・ジャパン TEL:03-5413-1050

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら