ファッション

熱気に包まれた会場で売り切れ続出 「BALMAIN × H&M」のプレショッピング・パーティーが開催

 「H&M」は11月2日、5日に発売する「BALMAIN × H&M」のプレショッピング・パーティーを開催した。東京タワー真下のスターライズタワーを会場に、同コラボアイテムを招待客にいち早くお披露目。パーティー開始直後からセレブリティーや関係者が多数来場し、すぐに熱気に包まれた。

 会場は地下鉄をイメージした作り込み。天井の高さを生かし、空間の壁一面にスクリーンを設置し、イメージビデオを放映した。オープニングDJの奈良裕也「SHIMA原宿」アート・ディレクターに加えて、シークレットゲストのナインティナイン岡村隆史がDJを披露し、会場を大いに盛り上げた。

 壁沿いのラックに並ぶアイテムは、ボディーコンシャスなドレスやゴージャスな刺しゅうを施したジャケット、カジュアルなスエット地のアイテム、バイカーパンツなど、「バルマン(BALMAIN)」らしいアイコニックなものばかり。ビーズの刺しゅうやサテン、ベルベットの使い方など、どれも一つ一つ手の込んだぜいたくなアイテムだ。ハイウエストのベルトやロープネックレス、イヤリング、クリスタルを刺しゅうしたポシェットなどのアクセサリーラックも豊富で、アイテムの価格帯も1490〜6万9999円と幅広い。

 メンズはジャケットやコートなどのアウターを中心に売り切れが続出、前年を上回るスピードでラックが空いていく。ウィメンズもアイコニックなアイテムが人気で、一部商品を残してほとんどが売り切れる状態だった。熱気に満ちた会場はスタートから数十分でほとんどのアイテムを消化したが、その後も来場者はみな音楽やドリンクを片手に会話を楽しんでいる様子だった。

 なお、コラボアイテムは5日、新宿や渋谷、原宿、銀座、名古屋、心斎橋の国内6店舗を含む世界約250の「H&M」店舗で発売予定だ。すでに発売1週間前から行列ができている店舗もあり、例年以上の熱狂が予想される

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら