ファッション

世界で2番目の広さを誇る「エルメネジルド ゼニア」銀座グローバルストアがお披露目

 ゼニア ジャパンは3月2日、銀座2丁目の中央通りに「エルメネジルド ゼニア(ERMENEGILDO ZEGNA)」銀座グローバルストアを開店する。世界で2番目の大きさを誇る4層構造で、店舗面積はのべ700平方メートル。昨夏に開いた大阪・心斎橋店と同様に、デザインを手がけたのは建築家のピーター・マリノ。各フロアや階段の随所にミラーやステンレスを差し込み、近未来的でモダンな空間に仕上げている。オープンに先駆けて、2月25日に内覧会を開催した。

世界初の試みとして、1階のエントランスを入ってすぐ左側にステファノ・ピラーティによる"クチュールコレクション"、右側にレザーアクセサリーを集積した。2階は、テーラードにスポーツの機能性をミックスした「ジー ゼニア」のフロア。日本の折り紙の文化に敬意を表し、折り紙を重ねてつなげたパネルをインテリアに差し込むなど、同店ならではのコンセプトが各フロアに採用されている。3階は"アッパーカジュアル"、4階は贅沢な広さを誇るス・ミズーラとVIP専用ルームを設置した。

同店は世界で18店舗目の店舗。ここでしか買えない限定品なども常時用意する予定だ。同社はこの他にも、横浜そごうや阪急メンズ東京といった百貨店のインショップもモダンな新コンセプトに改装するなど、リニューアルを進行中だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら