ビジネス

「リチャード ジノリ」の身売り先グッチに決定

 グッチは、今年1月に倒産した「リチャード ジノリ」を買収する(弊紙4月15日P4 既報)。グッチのみが同社の買収を1300万ユーロ(約16億7700万円)で申し出ており、他社からの買収オファーがなかったため、フィレンツェ州法廷は4月22日にそれを認めた。グッチは、リチャード ジノリ 1735の従業員308人のうち230人の雇用を約束しており、買収は5月22日に終了する予定だ。

 グッチのパトリツィオ・ディ・マルコ社長兼最高経営責任者(CEO)は、「『リチャード ジノリ』はメイド・イン・イタリーを象徴するブランドだ」と述べる。グッチはイタリア中小企業の支援活動を行なっており、今回の買収はその一環である。グッチは「リチャード ジノリ」と共に "アート・デ・ラ・テーブル"というテーブルウエアのラインをスタートする予定で、同社の立て直しを図ると共に国際的認知度アップも図っていく。ディ・マルコ社長兼CEOは「テーブルウエアは競合が多く簡単なカテゴリーではないが、全世界で販売できる可能性がある。じっくりと参入していくつもりだ」という。

 「ミッソーニ ホーム」を含むリチャード ジノリ 1735のライセンスに関しては「ブランドの本来のルーツに戻るべきで、今後のライセンスに関しては検討していく」とディ・マルコ社長兼CEO。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら