ニュース

福岡のホークスタウンモールが再開発で2018年新商業施設に

 三菱地所は、福岡ヤフオク!ドームに隣接するホークスタウンモールの再開発を行う。同施設はダイエーグループが2004年開業。その後転売され、三菱地所が今年1月、同施設の信託受益権を取得した。ファッションや雑貨、レストランのほか、HKT劇場、複合映画館などが出店していたが、最近は空き店舗が目立ち、集客力が落ちていた。5月に営業を終えるライブハウスのゼップ福岡以外は3月末に閉店。三菱地所は敷地面積約5万5500平方メートルを再開発し、約13万平方メートルの大規模商業施設を建設予定だ。テナントには物販や飲食店などが入る予定で2018年に開業予定。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら