ニュース

ディーゼルジャパンが育児短時間勤務制度を改定 小学3年生修了時まで取得可能に

 ディーゼルジャパンは4月、育児短時間勤務制度を改定する。これまで時短勤務を取得できるのは子どもが小学1年生入学時までだったが、小学3年生修了時までに延長する。対象になるのは、オフィスと店舗の両スタッフ。これにより同社は、長期的人材確保における雇用の安定と、子育てをしながらキャリアを積むことを望む社員が一人でも多く活躍できる環境づくりを目指す。

 また、社内研修制度の一環として、時短勤務者を対象としたワークショップも実施。出産後復職したスタッフが抱える、将来のキャリアへの不安や時短勤務の中でどのような貢献ができるかなどを考え、共感しあえる場を設ける。

【関連記事】
フルラ ジャパンが新時短勤務「子育てワークタイムシフト」制度を導入 販売員なら子どもが小学3年生修了まで適応

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら