連載 エディターズレター:FROM OUR INDUSTRY 第121回

価格を上げて売上アップなブランドが癒す、コロナ禍中の消費者のガッカリ

有料会員限定記事

価格を上げて売上アップなブランドが癒す、コロナ禍中の消費者のガッカリ

本日発売の「WWDJAPAN」は、2024-25年秋冬のメンズ版リアルトレンド特集です。私たちがミラノやパリのメンズ・コレクションで見出した“グランパコア”というトレンドは、リアルなマーケットに広がるのか?セレクトショップやアパレルメーカーの42ブランドにご協力いただき、各社・各業態・各ブランドの最新ルックを紹介しながら、その可能性を探っています。

特集には、私も参画。数社は久しぶりになりましたが、なるべく多くの展示会に伺い、直接話を伺ったり、生地に触れたり、洋服に袖を通したりさせていただきました。痛感したのは、「百聞は一見にしかず」ですね。

最初に気づいたのは、洋服の“面構え”が明らかによくなっていること。仕事で無数の洋服を拝見していますから、“面構え”の良さはある程度見抜けるつもりです。“面構え”の良さは、実際、良い生地を使って、ちゃんと考え、丁寧に作っているから。話を聞きながら価格を調べると、いくつかのブランドは思った以上に質を上げ、見合う対価を堂々提案している印象を受けました。良き流れだと思っています。

この続きを読むには…
残り879⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。