ファッション

「H&M」が京都の老舗染物屋と提携し黒染めサービス開始 世界環境デーに合わせ

「H&M」は京都の老舗染物屋京都紋付と協業し、6月5日の世界環境デーに合わせて手持ちの衣類の黒染めサービスを「H&M」メンバー会員向けに開始する。「H&M」メンバーサイトからの申し込みで、京都紋付が定める通常価格から10%オフの料金でサービスを受けられる。期間は12月5日まで。

汚れや色あせなどを理由に着なくなった衣類を染め替えることで、より長く着用してもらうことが狙い。黒染めの特性上、対象衣類は綿、麻、ウール、シルクなどの天然素材由来の繊維を50%以上含むものに限定する。また利用点数の制限はない。

京都紋付は伝統のある京黒紋付染めの技術を100年以上受け継いできた。「縮小の一途をたどる重要な伝統産業を未来に継承していく」ことを使命に、長年培ってきた染め技術を応用した染め替えサービスを実施する。「H&M」は、「H&Mの企業サイズと影響力を活用して京都紋付の使命をサポートする」という(同社)。

「H&M」京都店では6月5日から黒染めした衣類サンプルを期間限定で展示する。また同サービスの利用者には先着で30人に防虫効果のあるシダーリングをプレゼントする。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。