ビジネス

大丸松坂屋の冷凍食定期便サービス「ラクリッチ」が1周年 見えてきたニーズと次のアプローチ

大丸松坂屋百貨店(以下、大丸松坂屋)が手掛ける冷凍食の定期便サービス「ラクリッチ」は5月16日でサービス開始から1周年を迎える。

ラクリッチとは、大丸松坂屋のバイヤーがセレクトした冷凍グルメが毎月自宅に届くサブスクサービス。コースは“すごリッチBOX”(7〜10品、月額1万2000円)、しっかりリッチBOX(7〜10品、同9000円)、ちょいリッチBOX(6〜8品、同6500円)の3つ。45ブランドからセレクトされるメニューの半数は届くまでのお楽しみとし、おまかせスタイルで提供している。

サービス利用者の中で、最も多い層は50〜60代前後の単身または夫婦2人暮らし。次いで、40代の子育て世帯が続く。また、利用者の9割が百貨店を頻繁に利用し、残り1割は百貨店を普段使いしない層が占めているが、大丸松坂屋の岡崎路易DX推進部部長兼ラクリッチ事業責任者は「日々の生活の忙しさや健康上の理由などで、百貨店に行きたいが行けていない方も本サービスを利用してくれている。そこのニーズが発掘できた」と話す。また、利用者の地域分布を見ると、大丸松坂屋がない中国地方などからの利用もあり、「場所と時間に縛られるかつての百貨店の営業モデルでは届かない層にアプローチできている」と続ける。

これまでは夕食時のおかずとなるような商品を中心にセレクトしてきたが、利用者へのアンケートからランチ主食としてのニーズも高いことが判明した。加えて、 “タイパ意識”が強く冷凍食品への抵抗感が低い20〜30代へのアプローチを強化すべく、「ラクリッチ ラクLunch BOX」を開発した。8品が入っており、黒毛和牛のビーフドリアやカオマンガイといったメニューをそろえる。価格は8000円。5月16日10時から数量限定で発売する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。