ビューティ

美容室チェーンのアルテ サロン ホールディングスが社名変更 「“全方位型美容室”としての価値を確立し再上場を目指す」

有料会員限定記事
PROFILE: (よしはら・なおき)1956年、神奈川県生まれ。大学卒業後、サラリーマンを経て、30歳で横浜市内に美容室をオープン。東京、神奈川を中心に店舗展開して、「アッシュ(Ash)」ブランドを成長させ、2004年にジャスダック上場。美容室業界のパラダイムシフトに対応するため、22年に非上場化を実施。現在はグループ企業7社、350店舗超の多様な美容サロンを国内外に展開する PHOTOS:KOHEY KANNO

美容室チェーンを約350店舗展開するアルテ サロン ホールディングスは4月1日、経営効率化のため親会社であるジェネシスと合併し、新商号「株式会社アルテ ジェネシス」へ一新した。「アルテ(ARTE)=美・芸術」「ジェネシス(GENESIS)=創世記・起源」を社名に掲げ、美しさを希求することの原点に立ち返り、美容室業界のリーディングカンパニーであり続けるため、さらなる発展を目指す。ここではアルテ ジェネシスの吉原直樹会長に、今回の取り組みの背景と今後のビジョンを聞いた。(この記事は「WWDJAPAN」2024年4月22日号付録「WWDBEAUTY」から抜粋・加筆しています)

WWDJAPAN(以下、WWD):合併と社名変更の背景は?

吉原直樹会長(以下、吉原):アルテ サロン ホールディングスは、もうすぐ創業40周年。会社としての考え方全体が古くなっていて、以前から危機感を感じていた。SNSや大手集客サイトの登場以来、“集客”がデジタル化し、それにともない“求人”もデジタル化、さらにはコロナ禍を機に“教育”のデジタル化も加速し、“美容室の三本柱”全てがデジタル化してしまった。一方で業務委託サロンの隆盛などもあり、業界は大変革が迫られている。そこで当社も、“リニューアル”を超えた“リボーン(作り直し)”が必要だと考えた。

WWD:2022年に、一度上場の舞台から下りている。

この続きを読むには…
残り1931⽂字, 画像2枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。