ファッション

【スナップ】「ヘルムート ラング」来場者は新旧ミニマリズムを融合 新コレクションはこう着る

ヘルムート ラング(HELMUT LANG)」が2024-25年秋冬コレクションを現地時間2月9日にニューヨークで発表した。ピーター・ドゥ(Peter Do)=デザイナーによる2シーズン目とあって期待も高く、会場前は多くのゲストでごった返していた。

来場者には長年のファンも多いのか、ミニマリズムファッションを体現するようなモノトーン中心で、テーラードジャケットやシースルー素材を用いたスタイルが際立った。ホワイトやベージュといったニュートラルなカラートーンも印象的だった。「ヘルムート ラング」の往年のコレクションはもちろん、前シーズン発表したドゥ=デザイナーによるファーストコレクションも見られた。細身のジャケットにピンクやグレーのファブリックテープを巻きつけたパンツルックや、アーティストのオーシャン・ヴィオング(Ocean Vuong)による詩から引用した言葉がプリントされたTシャツ、イエローキャブのプリントをグラフィック仕立てに施したデニムのセットアップなど、新体制のコレクションをそれぞれが着こなした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

原宿・新時代 ファッション&カルチャーをつなぐ人たち【WWDJAPAN BEAUTY付録:中価格帯コスメ攻略法】

「WWDJAPAN」4月22日号の特集は「原宿・新時代」です。ファッションの街・原宿が転換期を迎えています。訪日客が急回復し、裏通りまで人であふれるようになりました。新しい店舗も次々にオープンし、4月17日には神宮前交差点に大型商業施設「ハラカド」が開業しました。目まぐるしく更新され、世界への発信力を高める原宿。この街の担い手たちは、時代の変化をどう読み取り、何をしようとしているのか。この特集では…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。