ファッション

2024年春夏オートクチュール カギは伝統をいかに現代化するか

有料会員限定記事

2024年春夏オートクチュール  カギは伝統をいかに現代化するか

2024S/S HAUTE COUTURE

2024年春夏オートクチュール・ファッション・ウイークが1月22〜25日にパリで開催された。ディズニープラス(Disney+)の「クリストバル・バレンシアガ(Christobal Balenciaga)」やアップルTV+(Apple TV+)の「ニュールック(The New Look)」などクチュリエを題材にしたドラマが続々と公開され、デザイナーの軌跡をたどる展覧会も増える中、老舗メゾンを率いるデザイナーたちが目を向けたのはクチュールの伝統や歴史をモダンに表現すること。丁寧な仕立てや繊細な装飾といった職人技から創業者が確立した美学やスタイルまでを生かしながら、現代の顧客に向き合う提案が目立つ。(この記事は「WWDJAPAN」2024年2月19日号からの抜粋です)

ヴァレンティノ(VALENTINO)

意表を突く配色と手仕事で示す
モダンクチュールの在り方

ヴァンドーム広場にあるクラシックなクチュールサロンを舞台に、伝統を重んじながらも時代に合った価値とニーズを映し出すモダンクチュールの在り方を示した。コレクションを構成するのは、現代的なワードローブ。単体でまとうドレスもあるが、マスキュリンなテーラリングやワークスタイルのジャケット、Tシャツ、シャツ、ニット、オーバーオール、ワイドパンツ、フレアスカートまで複数のアイテムを組み合わせたルックが軸になり、意表を突く配色や質感の対比が際立つ。また、装飾はおなじみのフェザーやバラのモチーフに加え、カールさせた生地やうねった細長いスパンコールをびっしり縫い付けてフェザーやファーに見立てたり、パテントレザーの小さなピースを並べてクロコダイルの模様を再現したり。職人たちの新しいアイデアを取り入れている。

この続きを読むには…
残り1965⽂字, 画像28枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。