ファッション

“白鳥柄”トップスで高感度女性の認知拡大 マッシュのECブランド「ソリン」

有料会員限定記事

マッシュホールディングスのウサギオンラインが運営する、2023年春夏にスタートしたEC主軸ブランド「ソリン(SORIN)」が滑り出し好調だ。マッシュグループのEC「ウサギオンライン」、「スタイルヴォイス ドットコム」と「ゾゾタウン」で販売し、初年度目標の年商2億円に向けて順調に推移しているという。

袖口のリブを極端に長めにしたトップスやデコラティブなスカートなど、一捻り効かせたデザインの服がそろう。これらに大胆なクロップド丈のビスチェ、ボディースーツなどを組み合わせ、モード感をただよわせる。フェミニンなブランドが多いマッシュの中では異色な存在だ。購買層も美容師やデザイナー、ダンサーなど、20代後半から30代の感度の高い女性が多いという。

4000枚を販売したスワンレイク柄トップス

中でも人気なのが、“スワンレイク”のモチーフを総柄であしらったシースルーの長袖トップス(1万780円)。ブランドスタート時に仕込んでいたのは100枚だったが、売り切れと追加生産を繰り返し、これまでに4000枚以上を販売している。特に販促広告やギフティングには力を入れていないといい、「おしゃれな人たちにSNSなどで着用画像をアップしていただいたことで、オーガニックで人気が広がっている」(担当者)。

“スワンレイク”とは2羽の白鳥が水面に映った影をイメージしたオリジナルのプリント柄で、初めて発売した23年春夏のシーズンテーマだった映画「ブラックスワン」から着想を得た。身頃のやりすぎない程度の透け感や、デコルテをきれいに見せる広めのUネック、バックスタイルを美しく見せるゴールドのストラップなど、「トレンド感と他と被らないデザイン」(担当者)がポイント。春夏は1枚で、秋冬はインナーとして使いまわせることから、23年は通年を通して売れ続けた。トレンドのボディースーツ型(1万1880円)も、より個性的なスタイルを好む女性に支持される。24年春夏はスワンレイクの色をブラックからシルバーに変更した新型を出す。

昨年9〜10月に新宿ルミネ2で初となるポップアップストアを実施し、想定予算をクリアした。ポップアップ展開の波及効果でオンライン販路の売り上げも伸長している。リアルでの接点は今後強化しながら、“スワンレイク”をフックにブランドの認知を広げていく方針だ。

この続きを読むには…
残り0⽂字, 画像0枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。