ファッション

「ヴェトモン」、キッズ向けコレクションを始動 ブランドの人気商品をキッズサイズで展開

ヴェトモン(VETEMENTS)」はこのほど、キッズ向けのコレクションを始動し、パリで行った展示会で披露した。「アルファ インダストリーズ(ALPHA INDUSTRIES)」とコラボレーションしたMA-1をはじめ、ユーティリティポケットを配したジャケットなど、主に「ヴェトモン」の商品をキッズサイズで展開するが、アナーキーシンボルであるサークルAをプリントしたTシャツはハート柄に変更するといった子ども向けの配慮もなされている。また、オリジナルのデザインもあるという。

グラム・ヴァザリア(Guram Gvasalia)=ヴェトモン共同創業者兼最高経営責任者(CEO)兼クリエイティブ・ディレクターは、コロンビア出身のラテン歌手J・バルヴィン(J Balvin)やカナダ出身のシンガーソングライターのアヴリル・ラヴィーン(Avril Lavigne)、アメリカ出身のラッパーのタイガ(Tyga)ら顧客から、「子どもにクールな洋服を着せたいけど、そうした服がない」という相談をよく受けていたそうだ。そして昨年の休暇中、某世界的なサッカー選手が息子とおそろいでフランスのスイムウエアブランド「ヴィルブルカン(VILEBREQUIN)」のスイムパンツを着用している姿を目にし、“ミニ ミー(MINI ME、私のミニ版)”をコンセプトにしたキッズウエアのスタートを決断したという。また、ブランドのラインアップ拡充も狙いとみられ、現在「ヴェトモン」では16XXLのスエットまでそろえていることから、おそらく世界で最もサイズレンジの広いブランドになったと言えるだろう。

なおグラムは、2024年が「ヴェトモン」の設立10周年の節目であることから、大きなプロジェクトが控えていることを示唆。その手始めとして、2月下旬に開催されるパリ・ファッション・ウイークで発表する2024-25年秋冬コレクションは、ウィメンズにフォーカスしたランウエイショーを行うという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

Z & ミレニアル世代を直撃 ジュエリー中心に広がるジェンダーニュートラルの波 

ここ数年でジュエリーを着用する若い男性が急増しました。「ミキモト(MIKIMOTO)」と「コム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS)」のコラボレーションのパールネックレスが登場したのが4年前。それをきっかけに、パールネックレス=女性のものという概念が崩れ、男性にも市民権を得ました。それが、さらに広がり、より多くの若い男性が日常的にジュエリーを楽しむようになりました。町中を見渡すと、…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。