ビジネス

“ゾゾスーツ”がリンパ浮腫の四肢周径測定に有用か 専用アプリを用い医師と共同開発

ZOZOは、有明病院の辛川領、矢野智之両氏とともに開発した、3D計測用ボディースーツ“ゾゾスーツ(ZOZOSUIT)”と専用のスマホアプリを用いた四肢周径測定が、リンパ浮腫の評価システムとして有用である可能性が示唆されたことを発表した。

ファッションECサイト「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」の運営で知られる同社は、公益財団法人がん研究会有明病院形成外科の辛川、矢野両氏とともに、“ゾゾスーツ”と検証用に開発したリンパ浮腫専用のスマホアプリを用いて、がん術後の二次性リンパ浮腫患者(ISL分類I~IIb期)の四肢周径測定が可能かの検討を実施。同デバイスによる測定がリンパ浮腫の評価システムとして有用である可能性が示唆された。研究成果は、辛川らが米国再建マイクロサージャリー学会(Annual meeting of American Society of Reconstructive Microsurgery)で発表した。

リンパ浮腫は、国内で推定15万人以上の発症者がいるとされ、重症化を防ぐため早期発見と早期かつ適切な介入を要するが、診察可能な施設が少ないことが問題視されている。本技術の応用により、新たな診断ツールの開発につながることが期待される。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。