ファッション

デニム「リー」が24年春夏のイメージキャラクターに藤井萩花・今村怜央夫妻を起用 

デニムブランド「リー(LEE)」は、2024年春夏のイメージキャラクターに元E-girls(イーガールズ)でクリエイターの藤井萩花と、バンド「ALI」のフロントマン・ミュージシャンとしても活躍する今村怜央夫妻を起用する。ビジュアルは1月25日から全国の直営店舗、公式ブランドサイト、ウェブ CMで公開する。

ビジュアルでは、藤井萩花はウィメンズの定番“スタンダード ワードローブ(STANDARD WARDROBE)”を、今村怜央はブランドの代表作“101”をはじめとするシリーズの“アメリカンライダース(AMERICAN RIDERS)”を着用し、ジーンズ本来が持つ強さや色気のあるスタイルを体現する。夫妻でブランドのイメージキャラクターを務めるのは今回が初めてで、スペシャルムービーでは今村作曲のオリジナル楽曲を使用する。

藤井が着用する“スタンダード ワードローブ”のコンセプトは、“ワードローブに入れておきたい。マイスタンダードジーンズ”。トレンドに流されることなく自分らしさを大切にしたい女性たちに向けた、全8種のベーシックジーンズをラインアップする。生地の素材には、オーガニック認定されるまでの移行期間3年間の綿であるPOC(プレオーガニックコットン)を使用し、紡績から縫製、洗い加工まで国内工場を行う日本製ジーンズだ。

今村が着用する“アメリカンライダース”は、1924年にカウボーイパンツを発売したことから始まり、それ以降時代と共に多彩なシルエットを提案するブランド定番のシリーズ。全7型を用意し、生地にはアメリカ産、トルコ産のオーガニックコットンを使用している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。