ファッション

ウィメンズをけん引する「メゾンスペシャル」 次のステップは海外市場開拓

ウィメンズマーケットで今人気のブランドという話になると必ず名前が上がるのが、サザビーリーグ傘下のプレイプロダクトスタジオ(2月にメゾンスペシャルから社名変更、菅井隆行社長)が手掛ける、「メゾンスペシャル(MAISON SPECIAL)」だ。2019年3月にブランドを立ち上げ、振り切ったデザインやビジュアルでコロナ禍以降大きく伸長。ここ2〜3年、「既存店売り上げが30〜40%増といったペースが続いてきた」(菅井社長)。安定成長期に入り、「今春夏は前年実績を少し超えるペース」とやや落ち着いているが、今後は既存店の増床や海外出店に注力し、次の成長をめざす。

目の覚めるようなビビッドカラーや、絞り加工などユニークな素材使い、それでいて抑えた価格で20〜30代を中心にファンをつかんできた。「類似商品を作る後追いブランドが増えているからこそ、今秋冬は改めて他社がまねできない服作りを追求する」と渡邊倫子クリエイティブディレクター・チーフデザイナー。ワクワクを誘う多品種小ロット生産が基本で、展示会では毎回その物量と“置きに行った”ような無難な商品が一切ないことに驚くが、今秋物はウィメンズのみで200型超を企画し、さらに気合いが入っている。これまで通り、顧客向け受注会で好評なアイテムは追加をかけて需給の精度も高める。冬物はウィメンズで120型前後を企画予定だ。

30〜40代以上の大人客にも
改めてアピール

今年2月に、「メゾンスペシャル」からさらにモードテイストに振ったウィメンズの「プランクプロジェクト(PRANK PROJECT)」を立ち上げたこともあり、「『メゾンスペシャル』は若い世代向けのポップなカジュアルといったイメージが広がっている。30〜40代以上の大人のお客さまにも引き続き着ていただきたい」として、23年秋物のビジュアル撮影にはスタイリストの山本マナを起用。従来は社内でスタイリングを組んでいたが、スタイリストの起用でブランドとして一皮むけることを目指す。得意とする原色だけでなく、ベージュ、ブラウンなどのニュートラルカラーを増やし、スパイスのきいたアイテムとの組み合わせでファッション好きな大人層も取り込む。

秋物は“ニューロマンチック”がテーマ。推しているのはデニムやレザー素材だ。「デニムアイテムはここ数シーズン、出せば必ず売れるほど勢いがある。一方でレザーはトレンドとして光が当たるのは久々で新鮮」と渡邊ディレクター。デニムはジーンズ、Gジャンといった定番に加え、ボウタイブラウス、コクーンコートなどバリエーション豊富に企画。一度脱色してからピンクやブルーの色を入れたり、クラッシュさせたりと、凝った加工がそろう。価格はクラッシュ加工のビッグシルエットGジャンで2万6000円(税別)。レザーはビンテージ加工をほどこしたフェイクレザーでミドル丈コート(2万7000円)やテーラードジャケットなどを販売するほか、本革でライダースジャケット(ベーシック、ビッグシルエット共に3万8000円)なども企画する。

暖冬傾向から、デニムやレザー以外の中間アウターにも注力している。特に期待しているのが「昨秋冬に好調で1000枚を販売し、欠品がなければさらに売れた」というMA -1ブルゾンだ。実績のあるミドル丈を据え置きの2万6000円で販売するほか、今季はクロップド丈(2万5000円)、ロング丈(2万7000円)もそろえる。

「プランクプロジェクト」は既に黒字化

現在の実店舗数は、同じ施設内でウィメンズ、メンズ別店舗で出店しているケースを含めて計10。うち、一番店である新宿ルミネ2の2階の店舗は今秋増床リニューアルを予定する。「国内の実店舗をここから積極的に増やそうという考えはないが、アジア圏からの訪日客の反応が非常によいこともあり、海外出店には本腰を入れる」(菅井社長)という。全社売上高は前期(23年3月期)が約36億円、今期は「45億〜50億円の見込み」だ。

「プランクプロジェクト」は2月の立ち上げからの累計で、予算比35%増ペースという。「特に5、6月は好調で、同50%増で着地した。既に5月時点で事業として黒字化した」。現在、実店舗は青山と福岡の常設路面店のほか、新宿ルミネ1の1階で長期ポップアップを開催中。今秋は大阪・心斎橋などにも出店を予定する。「『メゾンスペシャル』と『プランクプロジェクト』の差別化を心配する声もあったが、約半年運営してみて、社内では差別化に手応えを得ている。『プランクプロジェクト』はスタイリストやモデルなどからの支持も高く、先日もあるインフルエンサーが私物のデニムサロペットをSNSにアップしたところ、1日で同商品が400万円ECで売れるなどいい流れができている」と渡邊ディレクター。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

原宿・新時代 ファッション&カルチャーをつなぐ人たち【WWDJAPAN BEAUTY付録:中価格帯コスメ攻略法】

「WWDJAPAN」4月22日号の特集は「原宿・新時代」です。ファッションの街・原宿が転換期を迎えています。訪日客が急回復し、裏通りまで人であふれるようになりました。新しい店舗も次々にオープンし、4月17日には神宮前交差点に大型商業施設「ハラカド」が開業しました。目まぐるしく更新され、世界への発信力を高める原宿。この街の担い手たちは、時代の変化をどう読み取り、何をしようとしているのか。この特集では…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。