ビューティ

ロクシタンが新CEOを任命 LVMHなどで上級管理職を歴任したローラン・マルトー氏

ロクシタングループ(L'OCCITANE GROUP)は、新たな最高経営責任者(CEO)にローラン・マルトー(Laurent Marteau)を任命した。マルトー氏は現在、グループのマネージング・ディレクターを務めており、4月1日付でCEOを兼任することになる。現任のアンドレ・J・ホフマン(Andre J. Hoffmann)CEOは退任する。マルトー新CEOは引き続き同グループのエグゼクティブ・ディレクターおよび取締役会のメンバーとして経営戦略や政策に取り組む。ロクシタングループはCEOとマネージング・ディレクターの職責を統合することについて「地理的にバランスの取れたマルチブランドグループへの変革を推進するもの」と説明している。

マルトー新CEOはビューティ業界で20年以上の経験を持つ。LVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON)では15年にわたり上級管理職を歴任。2014年にはラ・プレリー グループ(LA PRAIRIE GROUP)にグローバル・トラベルリテールおよびスペシャル・チャネル担当副社長として入社し、同時に取締役に就任。その後、20年にヨーロッパ、アメリカ大陸、中東、アフリカ担当副社長に就任。22年にロクシタングループのマネージング・ディレクターに就任した。

レイノルド・ガイガー(Reinold Geiger)=ロクシタングループ会長は声明の中で、「グループの成長とともにわれわれも進化しなければならない。新CEOのローランはロクシタングループの起業家精神と、人と自然への深いコミットメントを体現する。グローバル市場に対する深い知識と包括的なリーダーシップにより、全ステークホルダーに価値を提供するマルチブランド、マルチカルチュラルグループをけん引する強力なCEOになるだろう」とコメント。現任のアンドレ・J・ホフマンCEOについては、「約30年来のビジネスパートナーであるアンドレのリーダーシップに感謝する。近年、彼は地理的な拡大を含む戦略的目標に向けてグループを導き、『エレミス(ELEMIS)』『ソル デ ジャネイロ(SOL DE JANEIRO)』『グロウン アルケミスト(GROWN ALCHEMIST)』などの買収と統合の成功に貢献してきた。引き続きエグゼクティブ・ディレクター、そして取締役会のメンバーとして重要な役割を担う」と述べた。

ホフマン現CEOは16年から副会長を務め、21年にCEOに就任していた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。