ビューティ
特集 展望2024 第5回 / 全13回

国内化粧品市場を振り返る 構造改革が進みグローバル化加速か

有料会員限定記事

国内化粧品市場を振り返る 構造改革が進みグローバル化加速か

1ドルが140円を超える円安、長引くロシア・ウクライナ紛争とパレスチナ紛争の勃発、猛暑と暖冬―経済も社会情勢も地球環境も不安定だった2023年は、ファッション&ビューティ業界にとって、どんな年だったのか。

コロナ禍を経て、資本や体力のある強者がさらに強くなる傾向にあったが、引き続きLVMH、インディテックス(「ザラ(ZARA)」等)、ロレアルといったトップ企業は盤石。ファーストリテイリングも過去最高業績を更新した。特にLVMHは「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」メンズのファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)起用で大きな注目を集め、「ディオール(DIOR)」のコスメの好調ぶりで圧倒的な強さを見せた。一方、ケリングやエスティ ローダーにとっては課題が見える年だった。

消費は引き続き、高額品が好調。外商をアップデートした伊勢丹新宿本店や阪急うめだ本店は、過去最高売上高をマークした。同時に円安を追い風に訪日客が急増。ブランドも商業施設もインバウンド需要の有無に大きな影響を受けている。

そんな23年を編集部員が重大ニュースを挙げながら総括し、24年を予測。米中の「WWD」エディターによる振り返りと展望コラム、23年のニュース時系列まとめ、ヒットアイテム番付と共にお届けする。(この記事は「WWDJAPAN」2023年12月25日&2024年1月1日合併号からの抜粋です)

記者プロフィール

立ちはだかる壁を飛び越え
各社の構造改革が進む

牧田英子副編集長(以下、牧田):2023年の化粧品業界で注目を集めたのは“大谷売れ”で沸いたこと。コーセー(KOSE)の「コスメデコルテ(DECORTE)」は大谷選手を起用したプロモーションが奏功し、男性客の売り上げが起用前に比べ約13倍になり飛躍的な伸びを示した。これまで化粧品業界で現役メジャーリーガーを高級化粧品のアンバサダーに起用した例は少なく、意外性もあり注目を集めたようだ。コーセーの23年は大谷に始まり、年末の移籍問題で再び沸いた大谷で終わったほど。コーセーを取材して変化を感じた?

新関瑠里編集部記者(以下、新関):性別・年齢問わず世界中の人に愛されている大谷選手の起用は人を呼び込む起爆剤になった。コーセーはもともと長期的にアンバサダー契約を結ぶことで知られており(「雪肌精(SEKKISEI)」では新垣結衣を11年以上継続起用)、大谷選手はそういった点含めコーセーを信用していると聞く。コーセーはヒット商品が続々と生まれた年で明るい話題も多かったが、アンバサダー関連においては、ジャニーズ事務所の性加害問題をめぐり、同所属タレントを起用していたコーセーや子会社のアルビオン(ALBION)が受けた影響は小さくはなかった。人とのつながりを重んじるが故、ジャニーズ事務所に対する声明が裏目に出てしまったのは想定外だったに違いない。即座に謝罪したことで鎮火したものの、SNSでは良くも悪くも注目されていた。これはコーセーだけに限った話ではないが、ジャニーズ事務所の所属タレントを起用するメーカーは、大きく振り回された1年だったのではないだろうか。

この続きを読むには…
残り2924⽂字, 画像4枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2024-25年秋冬のトレンド総まとめ 鍵は「退屈じゃない日常着」

4月15日発売の「WWDJAPAN」は、毎シーズン恒例のトレンドブックです。パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨーク、そして東京の5都市で発表された100以上のブランドから、アイテムや素材、色、パターン、ディテール、バッグ&シューズのトレンドを分析しました。豊富なルック写真と共にお届けします。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。