ビジネス

「阪神タイガース特需」再び 日本一で阪神本店の売り上げ1.5倍

百貨店主要5社(三越伊勢丹、高島屋、大丸松坂屋百貨店、そごう・西武、阪急阪神百貨店)の2023年11月度業績は、おしなべて1割程度の増収だった。月の前半は、一日の最高気温が25度を超える例年にない陽気が続き、冬物衣料の売れ行きが鈍かったが、中旬以降は気温の低下とともに動きが出た。

各社の前年同月と比較した売上高は、三越伊勢丹が12.0%増、高島屋が11.7%増、大丸松坂屋百貨店が11.2%増、そごう・西武が1.7%増、阪急阪神百貨店が18.0%増だった。そごう・西武は8月末で閉店したそごう千葉店の別館、広島店の新館の影響を除けば5.7%の増収。

5社の中で最も伸長率が大きかった阪急阪神百貨店は、阪神タイガース日本一祝賀セール(11月6〜10日)を実施した阪神梅田本店がけん引した。阪神梅田本店の売上高は前年同月比50.3%増と猛虎の勢いで、セール期間の売上高は前年同週の3倍以上だった。同店は、9月に阪神タイガースがリーグ優勝した際も1週間セール(9月15〜21日)を実施し、大きな押上効果があった。

都心店は、引き続き訪日客の旺盛な購買による好況にわく。三越伊勢丹の三越銀座店は前年同月比30%増。伊勢丹新宿本店は同11.7%増、三越日本橋本店は同7.4%だった。両本店では、「ラグジュアリーブランドやデザイナーズブランドを中心に冬物衣料品や、ハンドバッグ、宝飾、化粧品がけん引した」(同社)。大丸松坂屋百貨店は、インバウンドに強い大丸心斎橋店が同25.2%増。そごう・西武もプレステージブランドカテゴリーの売り上げが同10%伸びた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。