ファッション

「フリークス ストア」のデイトナがOMOソリューションの新子会社設立 狙いを聞く

有料会員限定記事

セレクトショップ「フリークス ストア(FREAK’S STORE)」などを運営するデイトナ・インターナショナルはこのほど、OMOソリューションの企画・販売を事業領域とする子会社イノベーションスタジオ(Innovation Studio)を設立した。まずは自社で開発したAIカメラ搭載のタッチパネル式ミラー「+プラスミラー」などの「+プラスシリーズ」を中心に、商業施設や小売店向けに販売予定だ。デイトナ・インターナショナルの加藤利典・取締役常務執行役員CDO(以下、加藤CDO)が、イノベーションスタジオのトップを兼務する。コア事業である「+プラスシリーズ」のポテンシャルと、今後のビジョンを聞いた。

加藤利典・取締役常務執行役員CDO プロフィール

(かとう・としのり)大手エンタメ企業や外資系ファッション企業を経て2002年にベイクルーズに入社。担当役員としてEC、システム開発、デジタルマーケ、DX推進を管掌。2021年にDX支援を目的とした会社を設立後、ユニゾンキャピタルと戦略的パートナーシップを締結し、アドバイザーに就任。同時にデイトナ・インターナショナルに取締役CDOとして参画し、DX領域を管掌。2023年9月にはデジタル領域の子会社として設立したInnovation Studioの代表も兼務 PHOTO:SHUHEI SHINE

デイトナ・インターナショナルは2021年6月に経営陣を刷新。ファッションリテール企業を脱却し、デジタルとアナログを融合したOMOプラットフォーマーを目指すという経営方針を掲げた。加藤CDOが、ベイクルーズグループから移ったのもこのタイミングだ。「正直転職した当時、デジタル感は一切なかった。むしろ6、7年遅れている状態。でも、強みである統制の取れた売る力をデジタルの分野で最大化していくことにポテンシャルを感じた」。

この続きを読むには…
残り2061⽂字, 画像6枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。