ビジネス

「シーイン」、英ファストファッション「ミスガイデッド」を買収 金額は非公開

グローバルSPAの「シーイン(SHEIN)」は10月30日、英ファストファッションブランド「ミスガイデッド(MISSGUIDED)」を、英小売フレーザーズ・グループ(FRASERS GROUP)から買収した。取引額は明らかになっていない。

「シーイン」は、「ミスガイデッド」の知的財産について、「シーイン」と「ミスガイデッド」の創業者が共同で設立したジョイントベンチャーとライセンス契約を締結。今後、「ミスガイデッド」の運営は同ジョイントベンチャーが行う。商品やコレクションの生産は「シーイン」が手掛け、販売は「ミスガイデッド」のECのほか、独立したブランドとして「シーイン」のオンラインストアでも取り扱う。

「ミスガイデッド」は、英国・マンチェスターで2009年に設立。ウィメンズ向けのファストファッションブランドとして急成長したものの、サプライチェーンの問題などで業績不振に陥り、22年5月に管財人の管理下に置かれた。同年6月、英百貨店ハウス・オブ・フレーザー(HOUSE OF FRASER)などを擁するフレーザーズ・グループが2000万ポンド(約36億円)で買収。当時、「シーイン」のほか、英ファストファッションブランド「ブーフー(BOOHOO)」や、英スポーツ用品小売のJDスポーツ(JD SPORTS)なども買い手候補に挙がっていた。

「シーイン」は、「フォーエバー21(FOREVER 21)」のアパレルデザインや生産などについて、同ブランドの親会社である米ブランド管理会社オーセンティック・ブランズ・グループ(AUTHENTIC BRANDS GROUP以下、ABG)と長期的なパートナーシップ契約を10月27日に締結したばかり。また、それに先立ち、8月には米国で「フォーエバー21」の運営を行なっているスパーク・グループ(SPARC GROUP以下、スパーク)の株式のおよそ3分の1を取得。その際、スパークも「シーイン」の少数株主となっている。スパークは、ABGと米不動産投資信託会社のサイモン・プロパティー・グループ(SIMON PROPERTY GROUP)が設立した合弁会社。

最新号紹介

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。