ビューティ
連載 業界あるある もしかしてステマ?

サロンが無料施術の代わりにインフルエンサーに投稿依頼、コレってセーフ?アウト?【マンガで学ぶステマ規制】

有料会員限定記事

広告なのに広告ではないように装うSNS投稿も、10月からは「ステルスマーケティング」。ファッション&ビューティ企業も、ステマ規制を正しく理解することが必要です。そこで「WWDJAPAN.com」は、企業のSNSやインフルエンサー・マーケティングを担うLIDDELL(リデル)に協力を依頼して、業界あるあるなシチュエーションの「ステマかも!?」なクイズを出題。室木おすしのマンガで楽しくステマ規制を学び、講じるべき対策を伝授します。

ケーススタディ4

今回の事業者
とある美容サロンC
投稿者
Cの常連のインフルエンサーD

有名インフルエンサーDは、美容サロンCの常連です。インフルエンサーDは美容サロンCCを長らく愛用。気心も知れた間柄なので、美容サロンCのオーナーは「お店のSNSにインフルエンサーDのヘアスタイルを掲載させてもらえないかな?代わりに施術代は無料にするから」とお願いしました。
インフルエンサーDは「お店のためだったら」と快諾したので、ヘアスタイルを店のSNSアカウントに投稿。代わりにカットやカラー、トリートメントなどの施術代を無料にしました。またインフルエンサーのDは美容サロンCを本当に気に入っているようで、「いつも美容サロンCでキレイにカットしてもらっています」とSNSでも投稿しました。
美容サロンCとインフルエンサーDによる投稿の集客効果は抜群。そこでインフルエンサーDが来店するたびに無料にして、時々美容サロンCのSNSに掲載させてもらいつつ、インフルエンサーDのアカウントへの投稿も「ずっと無料にするから、投稿よろしくね!」と依頼しています。金銭の報酬は発生せず、双方の投稿には「#PR」をつけていません。
これは、ステマ?それともセーフ?

この続きを読むには…
残り610⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。