ビューティ

処理水問題のJビューティへの影響は軽微!? 中国人が本音&中国市場攻略法を語る

有料会員限定記事

PROFILE: 濱一郎THE H代表

濱一郎THE H代表
PROFILE: 京セラ・リコーで新規事業開発や海外営業を推進後、2016年に独立。自らEC商社を立ち上げ、数十の日本ブランドの中国でのブランディングを成功させる。同時期、日本企業の越境ECプロジェクトにも複数参画し、数百社以上の日本ブランドを中国に進出させ、複数の越境ECプラットフォームの立ち上げにも参画。日本と中国にルーツを持ち、それぞれに18年ずつ在住。現在は中国に拠点を構え、日中両国のビジネスや文化・消費者行動に精通する強みを活かし、日本企業の中国進出・マーケティング・販路拡大などを多角的に支援中

福島第一原発の処理水問題に代表される日中関係の悪化は、日本のビューティ企業にとって大きな問題だ。報道では中国人による「Jビューティ」の不買運動が起こり、中にはアフターコロナで回復を見込んでいた中国市場の見通しを「横ばい」と下方修正する企業もちらほら。だが、そんな報道は本当なのか?そこで越境ECをはじめ日本ブランドの中国ビジネスに特化したアドバイザリー企業のトップと、これから日本市場に進出しようとする美容機器メーカーの最高経営責任者を直撃。処理水問題の影響から、日本人が体感しづらくなっている日本市場の魅力まで、中国人の本音を探った。前編は、アドバイザリー企業のトップに処理水問題の影響と、これからの中国市場に対する心構えを聞いた。

WWDJAPAN:福島原発の処理水問題に端を発した、日本の化粧品に対する逆風はどう捉えている?中国でのビジネスを確立してきた大手企業さえ、年内の中国国内での見通しを「横ばい」とする流れが相次いでいる。
濱一郎THE H代表(以下、濱):処理水問題に関して言えば、多くの中国人の頭にあるのは「水産物を食べてはいけない」だけ。処理水の排出が始まろうとしていた2カ月前は大きなニュースだったが、今なお日本、そして日本の製品にネガティブな印象を抱いている人は、そんなに多くない。昔から中国人には、「負けたくない」や「優位に立ちたい」という思いがある。その意味で中国政府は、処理水を理由に日本の海産物を禁輸して「優位に立った」。だが今、中国人がもっと気にしているのは、日本よりずっと「優位に立ちたい」と思っているアメリカの制裁を受けているファーウェイ(華為)が、初の中国製5Gチップを開発したこと。中米関係の悪化により、中国のスマホは現在米国企業の半導体が搭載できない。だからこれまで5Gの電波は中国国内にも飛んでいるのに、アイフォーン以外の端末はそれをキャッチできないという、中国人には屈辱的な状態が長らく続いていた。初の中国製5Gチップの開発で中国産の端末も5G対応になれば、屈辱的な状態は解消され、アメリカに対して「負けたくない」と思う中国人の国民感情は叶えられる。そうなれば、日本に「負けたくない」から禁輸している水産物に対する強硬な姿勢は薄れ、どこかで「安全」との見解を発表するのではないか?日本に対するネガティブな感情は、その程度の話。今年は、日中平和友好条約の調印から45周年。個人的には、年末あたりに中国政府が水産物の禁輸を解消、もしくはかなり緩和する“プレゼント”を日本政府に贈るのでは?と考えている。

WWD:ということは、中国市場における日本の製品の売れ行きや、日中の化粧品の橋渡しを担う自身のビジネスへの影響は少ない?

濱:日本製品の売れ行きが鈍っているとしても、一時的なものだ。日本の化粧品は、ラベルに本社の住所を入れている。そこに「東京」と書かれているから、今は買わない人がいるかもしれない。でも、それは長く続かない。私の仕事への影響も限定的だ。コロナ禍以降、中国に入国するためのビザが取りづらく、結果日本のクライアントの訪中が先延ばしになっている程度だ。感覚的には、コロナが終わって上昇機運が高まっていたのに、それが一時的に延長されてしまった感じ。そのくらいだと思う。

この続きを読むには…
残り1201⽂字, 画像5枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2024-25年秋冬のトレンド総まとめ 鍵は「退屈じゃない日常着」

4月15日発売の「WWDJAPAN」は、毎シーズン恒例のトレンドブックです。パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨーク、そして東京の5都市で発表された100以上のブランドから、アイテムや素材、色、パターン、ディテール、バッグ&シューズのトレンドを分析しました。豊富なルック写真と共にお届けします。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。